出産費用 足りない

みなさんこんばんは!

出産費用 足りない方の、
参考になればうれしいです。

(体験) 次の日に50万円用意したこと

ライフネット生命が、

妊娠出産時のお金に関する調査

を発表していました。

shussanhiyougatarinai
ライフネット生命上場セミナー時のパンフレット

(3年未満に出産を経験した25歳~39歳の先輩ママ1,000人)
(25歳~39歳の第1子を妊娠中のプレママ240人に実施)

プレママたちが予想している、
出産時にかかる自己負担額は、
41万円以上
という回答がもっとも多くなっていました。

一方、先輩ママたちが、
実際に支払った出産時の自己負担額は、
「1万円~20万円」の間に半数以上(55.0%)
の答えが集中しています。

集計した出産費用の平均額は27.3万円。

つまり、
予想と現実には、
12万円近くも差があることになります。

先輩ママたちは「妊娠健診費の助成」や、
健康保険加入者の出産1人につき、
42万円支給される「出産育児一時金」など、

公的に補助金が支給される制度を活用して、
27万円前後での出産を実現したようです。

そのほか、
医療機関や薬局の窓口での支払いが、
一定額を超えた分を支給してくれる「高額医療費制度」や、
年間の医療費が10万円を超えた場合に、受けられる「医療費控除」など、
妊娠・出産以外の部分で支援を、
受けられる場合もありますね。

こういう時は自力も大切ですが、
国や自治体にも頼って、

自分の家族と将来の日本のために、
力を貸してもらうのも大切だなと感じました。


24時間今からすぐ借りれます
50万円借りた結果と厳選カードローン



サブコンテンツ

プロフィール

30代の男性です。

20代の頃にプロミスとアコムで50万円ずつ借りました。

当時個人事業をやっていて、生活費の補填として急いでいましたが、当日借りれて本当に助かりました!

以前は契約機でカード発行する必要がありましたが、今では振込やアプリで24時間お金を受け取れるのでとても便利です。

カードローン以外のお金の作り方も書いているので、参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ