ネットで稼ぐ 確定申告

みなさんおはようございます!

確定申告の時期ですね(汗

ネットで稼ぐ 確定申告ということで、
私もネット収入が少しあるので、
今年も確定申告の準備をしています。

①給与所得があり年間20万以上の副業者
②年間38万円以上の方

は確定申告が必要ですね。

これは所得ベースですので、
経費計上して所得がこれ以内ならしなくてOKです。

ただ日々感じるのは、

ネット収入は経費がとても少ない

ということです。

ざっと「一部」が経費になる項目としてはこんな感じです。

・通信関連
・支払い手数料
・ドメイン、サーバー代
・消耗品
・事務用品
・交通費
・接待交際費
・外注費
・減価償却費
・家賃と電気代(按分計算で合理的計算の範囲)
・広告にかけた費用
・セミナー、参考書籍

など。

固定でかかるもので大きいものは家賃ですが、
例えば1Kのリビングに机を置いて作業している場合、
その専有面積分程度になるので、
おそらく経費にできるのは50%以下でしょう。

仮に2DKの間取りで、
1部屋を事務所として利用していれば、
より明確に%を上げていけると思います。

白色申告ですと、
家賃のような個人生活費と混合しているものは、
原則として50%以上利用していないと経費にできないので、

やはり長期的に仕事としてやっていくなら、
控除額も考えて青色申告の複式帳簿ですね。

複式帳簿は覚える気がないので、
税理士さんにお願いしていますが(笑

25年度は今までで一番成果がでたので、
今年は住民税と健康保険はガッと高くなりそうで、
今から少し憂鬱です(泣

でも「国税はヤクザより怖い」
と言われているくらいで、

自己破産しても税金はなくならないので、
しっかり納めて健全に生きるしかないですね。
(一応5年(7年)で時効はありますが怖いですw)


24時間今からすぐ借りれます
50万円借りた結果と厳選カードローン



サブコンテンツ

プロフィール

30代の男性です。

20代の頃にプロミスとアコムで50万円ずつ借りました。

当時個人事業をやっていて、生活費の補填として急いでいましたが、当日借りれて本当に助かりました!

以前は契約機でカード発行する必要がありましたが、今では振込やアプリで24時間お金を受け取れるのでとても便利です。

カードローン以外のお金の作り方も書いているので、参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ